Lesson report 2018.10.19 Level M Friday class

 

仲良しの2人。常にお互いを意識しながら学んでいるので、よい刺激になっている

ようです。

このクラスで使用しているフォニックス教材は「This is phonics 1」。

今はPolite vowelsをやっています。「フォニックスチャンツ」のDVDを見て

「礼儀正しい母音」とはどういうことなのかを楽しく覚えます。

そのあとテキストを中心に使いながら4技能「Listening」「Reading」「Speaking」「Writing」をそれぞれ鍛えていくわけなのですが…。

この4技能を”バランスよく”というのが大切ですね。

そしてさらに大切なのは、覚えたことを「自分の会話」として発語するために使う、ということだと思っています。

英語は日本語と同じ”言葉”。”言葉”を知ることができて初めて自分や周りのこと、果ては世界のことを表現できるようになり、自分ではない他の人々と繋がっていけるわけです。そこが目指すゴール。いや、スタートラインなのですよね。

では、英語の技能を身につけたらそれでよいのか?というとそうでもありません。

一番大切なのは「自己表現力」だと思っています。

例えば自分のことを日本語でどれくらい紹介できますか?

自分が今好きなこと。なぜそれが好きなのか?どんなところが好きなのか?

これをぱっと、言いたいこと100パーセントにして伝えることは案外難しいです。

常に日本語でも「自分のこと」を伝えるための言葉を書き出してみるといいのかもしれません。いざ書こうとすると、あまりにも適切な言葉が見つからず唖然とすることもあるものです。

話が飛躍してしまいました(^-^;

我が教室のレッスンでは、ただ英語の技能を身につけるだけでなく「自己表現力」を鍛えていくためにコツコツと、楽しく、実のあるレッスンを重ねていきたい。

そんなことをよく考える、秋の夜更けでございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました