英語を自由につかえるようになるために…大切だと思っている3つのこと

子どもたちが

「英語が好き!」「英語は面白い!」と感じてもらえるように、この3つを大切にして

指導していきます。

1. 発音

日本語と英語のしくみが違うからこそ、日本語を母語とする私たちは、英語の文字と音のルールを知ることが大切です。フォニックスを学びます。

使用教材:松香フォニックスオリジナルテキスト

児童英語授業研究講座(がめ研)落書きフォニックス など

2. ことばのチカラ

いくら英語や他の国の言葉を学んでも、自分の母語となる日本語のチカラが無いと、砂の上にお城を築くことと一緒で、他言語のチカラはガラガラと崩れるイメージ…それなりの程度までしか伸ばせないと思います。

英語も、他の国の言語も、土台となる日本語のチカラを育てていくことで、一緒に育っていきます。

THM English schoolでは「日本語のチカラ」を「英語のチカラ」に繋げていくための工夫をしています。

 

使用教材:My story times1,2 (Grassroots)、 THM English schoolオリジナルテキスト他

児童英語授業研究講座(がめ研)『品詞ってなに?』『日本語で自分の言いたいことを言えますか?』など

3. 文法

単語をたくさん知っていても、文章の組み立てかたがわからないと、英語学習はつまずいてしまいます。

小学生中学年~高学年から、文法用語にも臆せず楽しく触れていき、中学校に入る前には、基本となる文法(be動詞と一般動詞の違い・代名詞・品詞(名詞、動詞、形容詞))を楽しく学んでいきます。

使用教材:児童英語授業研究講座(がめ研)テキスト、松香フォニックスオリジナルテキストなど

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました