時間がない!と追いつめられるときこそ…

 

横浜市港北区高田でちいさな英語教室をやっている

THM English school講師の松尾ひろみです。

 

中学生や高校生の生徒さんからよく聞くのは

「テスト勉強(または日々の提出物対策)に追われて

外に出る時間もないんです」というようなことです。

 

そうですよね。

テストって、なんでいっぺんに何教科も同日に行うんでしょう。

子どもたちを勉強嫌いにさせるための方法なんじゃないか?

とさえ思うときがあります。

 

そんなことを日々思っていますが、日本に住んでいて

社会人になっていく予定の子どもたちは、

今の日本のシステムに合わせていくしかないので

テストでいい点を取れるように頑張るしかないんですよね。

もどかしい気持ちでいっぱいですが…

 

ここで書きたいのは、「時間がない」と思ってしまうと

本当にそうだと思い込んでしまうなぁということです。

そして、じっと机に向かって頭の中が煮詰まってきたら

ぜひ外に出てみてほしい!と言いたいです。

 

別に、外に出てガツガツ運動しましょう!とか

何キロ走りましょう!ということをおススメしたいわけではなく、

 

外の空気を吸いながらてくてく歩くとか、

空を眺めながら軽くジョギングするとかでもいいんです。

時間にしたら10分とか、15分だけでOKです。

 

これをすると何かいいことがあるのか?と言われたら

「あるみたいだよ!」と答えます。

この本を読んでいます。

私にしてみたら、こんな分厚くて苦手っぽい本を

よく飽きずに読んでいるなと思います。

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方 | ジョンJ.レイティ, エリック・ヘイガーマン, 野中 香方子 | スポーツ | Kindleストア | Amazon

これを読むと、科学的な用語がたくさん出てきて???というところが

ありますが、うつ病だった人たちが日々運動するようになったおかげで

抗うつ剤を服用するときよりも改善の効果がある、という実例が

多く書かれているので私でも読めるんだと思います。

 

椅子に座って、長い時間テキストとにらめっこをしていると

背中が丸くなって、目をかなり酷使していますよね。

呼吸も浅くなっているはずです。

それで、ちょっと休憩と思ってスマホでYouTubeなどを見ても

実はあまりスッキリしないのではないでしょうか?

私もそうなのでよーくわかります笑。

 

私はこの本を読んでから、考えが煮詰まって苦しくなったときや、

やることが山積してわぁ~と叫びたくなるときには

とりあえず机の上をそのままにして外に飛び出して、

近くの土手まで上がってただ歩くことにしています。

あとは、週に2回は走ることも自分に課しています。

私の場合は、空に電線が無いところまで走って

空の動きを眺めながら走るのが大好きです。

キレイな夕焼けを見たくて、ただ走る時もあります。

遅いですよ笑。

私の場合は、このスローランをすることで

自分の小さな世界から飛び出して

頭と心をスッキリさせることができると思っています。

走れたらこんな風にしてアプリで画面を作って、

instagramに投稿すると、同じように走っている人たちが

「いいね」をくれたりして励みにもなったり。

時間がないからこそ、身体を動かす!

身体を動かすと脳が動く!

パッと何かをひらめくことも時々ありますよ♪

 

科学的な根拠については、ぜひこの本を読んで理解していただき

読みたくない方は、私に騙されたと思って

何か少しでもいいので体を動かすことをしてみてください。

10分歩く。

縄跳びをする。

ジョギングする。

なんでもいいと思います。

特にこのご時世、心も体も元気でいてほしい、高学年の生徒さんたちへ

伝えたいメッセージです♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました