Lesson report 2019. 6. 12 水曜クラスA

 

上の写真は、毎週お教室に来たとき最初に見せてもらうMABのページと「えほんのきろく」というシートです。

当教室では、各教材のCDを聴いてくることが幼児の生徒さんから中学生の生徒さん全員の宿題です。

絵本・歌・自己表現・アルファベット・フォニックスどの教材にもCDがついているので、できればまんべんなく聴いてきてもらうことにしています。

毎日聴いた時間のぶんだけ色をぬっていきます。

当然、私は、本当に聴いているのかを見ることはできませんので、生徒さんの自己申告を信じるしかありませんが、疑うまでもなく、本当に聴いてきたお子さんはレッスンを進めていけば必ずわかります。絵本を読んでみよう!とか、歌をうたってみよう!となったとき、自然に口が動いているお子さんは、CDを聴いてきてくれています。

Yちゃんに関しては、本当に毎回の進歩がすばらしく、このレッスンでは「Milkshake, shake」の絵本を読もう!と言ってリズム読みを流したところ、片手でページをめくりながら片手でMilkshakeを持ち、けっこう速いペースにも屈せず最後まで読み切りました!

幼児さんの場合、まず絵本のページをめくることは結構難しいです。

私がめくってあげてもよかったのですが、どこのページを読んでいるかが自分でわかっていて、一生懸命めくっている姿をみたら、見守りたくなりました。

CDを聴くことで英語のきれいな発音とリズム感を耳からインプットして、お教室でアウトプットすることを繰り返していくうちに、暗誦もできるようになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました