冬期講習をおこないました!その1(文法コース)

 

冬休みは短いですよね~。クリスマスが終わったらあっという間にお正月。

帰省したり、初詣に行ったりするうちにお休みが終わってしまいます。

夏休みに、3日間限定の夏期講習をおこないました。

冬休みは上記の通り短いので、なかなかみんなの都合も合わないし、どうしようか…と思って生徒さんに聞いたところ「またやりたい!」との声がありました。

なんとか生徒さんの予定を調整していただいて、12月24日(月)・25日(火)・26日(水)の3日間と、26日(水)・27日(木)・28日(金)の3日間で2グループの冬期講習をおこなうことができました!

ここでは、24日~26日までのグループの講習内容をレポートします。

そもそも夏期講習を始めようと思ったのは、夏休みにレッスンを2週間くらいお休みするので、それだとせっかく覚えた英語から遠ざかってしまうという不安もあってなのか、今いる生徒さんがみんな、レッスンがないことを残念がっていたからでした。

我が教室の生徒さんはたまたま高学年ばかりなのですが、英語の学習を本格的に始めたのがつい1年前とか、4月からとかでした。来年の4月には中学生になるお子さんもいますので、少しでも文法を入れておいてあげたいなという思いはありました。

そこで、mpiの「Grammaring」テキストを使って、文法用語をガチっと教えるのではなく、会話やチャンツなどで面白おかしく学んで文法を知ることができたらいいなと思いました。

前置きが長くなりましたが、そんなわけで夏期講習はブログにも記録してある通り楽しく終わり、今回また冬期講習をやることになったのです。

今回は「Grammaring2」を使いました。文の種類編です。

文の種類といっても、いろいろな角度からの学びがありますね。

★「肯定文」「否定文」「疑問文」を学ぶ。

★文の構成…主語がきて、そのあとに動詞がきて、形容詞、目的語が…という文の構成

★主語になる人、ものが代名詞になるとき

★Be動詞と一般動詞

★1人称、2人称、3人称

英語って深い!

3日間では氷山のほんのかけらしか教えることはできないけれど、いつものレッスンとは違った角度から英語に触れることも生徒さんは楽しいようで、

「3日間あっという間だった!」「楽しかった!」という感想をもらいました。

この講習では、

★日頃レッスンで自分たちが歌っている歌や読んだり聞いたり書いたりしている英語の中に、主語やBe動詞や、様子をあらわす形容詞がある、ということを簡単に説明

★主語、動詞、形容詞はこういう順番で並ぶんだよ、という教え方はせず、チャンツと手拍子などを使って流れをかたまりで習得

★人やものを代名詞におきかえるとどうなる?ゲーム

★家族の紹介をしてみよう!→そこから代名詞、Be動詞の選択、形容詞の意味を覚える

などをやってみました。

この代名詞のときはどのBe動詞がくるのかな?

お姉ちゃんたちがいつもおなかがすいているから、そういうときにはどの形容詞を使えばうまく伝わるかな…?

うちのペットたちはいつもかわいいけどいたずら好きでもある…どんな風に英語を組み立てれば伝わるかな…?

自分のことと関係のない例文を何回も読んで練習するのではなく、自分のことや自分の周りのことを表現することで、英文をかたまりで記憶していくことで定着をはかります。

3日間で学んだことは、きっと自分のことや家族のことと繋げて少しでも記憶に残るに違いありません。また、中学校に行って英語の授業を受けるとき「あ、あのとき確か習ったな」と、ちょっとでも思い出すことができたら、英語に対する親しみがきっとさらに湧いてくるのではないか、という期待もあります。

3日間、休まずに通ってくれて嬉しかったです。

よい冬休みをお過ごしくださいね。また年明けのレッスンでお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました