Lesson report 2019.3.6 水曜クラスC

 

3月に入って最初のレッスンです。

今月から水曜日のこのクラスのあとに、新しいクラスが始まりますので、

いつも以上に気合を入れて、やりたいことをスムーズに楽しくできるよう頑張りました。

1時間の中でこんなにもたくさんのことができるようになったんだなぁ…と、

改めて感心することが多い日でした。

まず最初のMAB(My achievement book)のUseful expressionsをClapしながらリズムよく言っていくのですが、最近はKくんが最初に言って、私がそのあとを追う形で進めています。

このスピードが速い!速ければいいというものではないのですが、Kくんの場合は発音もきちんとしています。何より英語が持つ独特のリズム感をきちんとつかんでいるので、こうしてどんなに長いフレーズでも言えるようになってきたのです。

レッスンでは、

★「I like coffee, I like tea」の中からOpen Class Dayで歌う3曲を本番をイメージして練習

★PhonicsはVowel digraphsのFamily wordsを早読みしたり、Writingをしたりとテキストを進めた後、BBLの「No bees!」を読むテストをしました。

今日感心したことその2。

例えば「Dan, Lin, and Eve are in a boat.」というとき、”in a”の部分を分解して読んでももちろんかまわないのですが、慣れてきて、音がつかめるようになると、自然と”インア”ではなく”インナ”と聴こえるように読みます。これをリエゾンと言うのですが、 これがKくんもできるようになっていました!

こちらから敢えて言わなくても、たくさん読んでいくうちに自分で気づいた?

いや、気づいたのではなく、無意識に言えるようになっているのかもしれません!

これはすごいことですよね!

今日やったことは他にも

★「Speech adventure for kids 2」のRhythm practice

私と交互に会話を繰り返すことをしました。

とにかく、家ではきっと英語を発することは少ないと思うので、この教室にきた1時間だけでも、できるだけたくさんの英語を口から発してほしい!と強く思っています。

最近読むものの中に、偶然にも「音読」の大切さが書かれていることが多いです。

ただの「音読」ではないので、この話はまた別の機会にいたします。

★「Jack and Zak」Recite

Kくんは6年生から当教室に来てくれたので、1年間でどんなことをやったらいいか、かなり考えてテキストを選びました。

あまり絵本に割く時間が持てないので、絵本は1年間に2冊だけと決めて取り組んできました。この「Jack and Zak」は2冊目の絵本で、細々とですがコツコツと読んできたので、暗誦はばっちりです!

★「TAGAKI10」

今日のお題は「Reptiles and Amphibians」???なんのこと??と思いますか?

「爬虫類と両生類」です(^-^; 好きな子にはたまらないテーマですよね!

読み方が難しい単語がたくさんありましたが、一緒に辞書で調べたりして確認しました。普段あまり興味をひかれないものにもこうして触れることができて、少しでも知識として残れば、話題も広がりますよね。

見ないで書く→伝えるもPerfect!最近はフォニックスの効果も手伝って、スペルミスが無くなってきました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました